名古屋 ダイエットにおける膝痛解消の効果について

【完全予約制】Tel:090-4229-5922

名古屋 ダイエットにおける膝痛解消の効果について

膝の痛みと聞いて、真っ先にイメージするのが

大人の人の場合は週末に野球やサッカー、バスケやバレーボール

などを楽しんでいる、比較的激しいスポーツをしている

週末アスリートの怪我だと思います。

ただ、取り分けて激しいスポーツなどに励んでいるわけではなく

何気ない日々を過ごしているだけなのにひざ痛に

悩まされている方が多いです。

膝の痛みの種類に様々なものがあり、半月板が損傷したり

靭帯が伸びてしまったり、関節の形が変形してしまったりなどなど

数えきれないぐらいあります。

なぜ、膝の痛みが発生原因に関しても、個々によって色々な物がありますが、

大きなものの一つとして、体重の増加や筋力の低下があります。

ですので、ダイエットをして体重を落とせば痛みを

軽減させる事ができるため、スタイルが良くなり気になっていた痛みも

解消できるという一石二鳥の効果が得られると言う考え方もでき

膝の痛みを取ると言う目的でダイエットをすると言うのも

モチベーションの一つとしては良いかと思います。

ひざ痛を和らげるために大切なのは膝の周囲の筋肉を鍛える事です。

ただ、やみくもに筋トレをやれば良いと言う物ではありません。

膝やふくらはぎの筋肉をバランスよく鍛え、関節の安定性を高める必要があるので

最初は本格的な筋トレに耐えうる筋力をつけるために、少し強度の高い

リハビリメニューを進めて行く方が良いと思います。

特に大腿四頭筋とハムストリングス、内側広筋と外側広筋、ヒラメ筋

と言った筋肉を意識して筋トレしていきます。

それらの足の筋肉は全身にある筋組織の中で最も大きいため

動かしているだけで消費カロリーは大きなものになりますが

より一層ダイエットの効果を高めるには大筋群を意識して動かす事がポイントです。

まだ筋肉が発達していなかったり普段筋トレをしない方の場合特定の部位を意識して動かす

事が難しく感じられる事もありますが

運動をしていればまんべんなく動かせるのがレッグエクステンションやレッグカール

ハーフスクワットなどです。

ひざ痛が発症している方においては、上半身を中心とした体重がのしかかる

フルスクワットをする事に対し怖いという感情を抱く方も少なくないですが

あまり深く曲げないように心がけて角度を付けないようにすれば

痛みが生じる事はありません。

ただし、スクワットはその場で道具などを使わずに身体のみで

簡単に行う事ができる一方で、間違ったやり方で着手してしまいやすい筋トレ

でもあるため、逆効果にさせないためには

正確なフォームを意識して行う事が重要です。

ひざ痛が起こっている方によく見られる動き方として挙げられるのが

スクワットをしている時に膝の位置がつま先より前方向に出てしまっていたり

膝とつま先の向いている方向に誤差があるといった動作です。

また、猫背になって膝を曲げてしまうと、膝の痛みを助長するだけでなく

腰も痛みも同時に出てしまう可能性が高くなるので

その点も注意しながら動作を行う必要があります。

そのような誤差を防ごうとしてつま先を膝よりも後ろ側にしようとした場合は

腰が引けた様子になってしまい重心が後ろ方向にかかるようになるため

関節に本来であれば生じない負荷がかかってしまいます。

要点として抑えておくべき事柄はスクワットという筋トレは膝を曲げ伸ばしするのではなく

重心を上げ下げする運動であるという事を念頭に置くのが大切です。

そのため、直立の状態から開始していく時には洋式トイレの便座に腰を下ろすように臀部を

後ろ方向に突き出していき、膝もゆっくりと曲げていくようにすれば

正しいフォームが維持できダイエットによりひざ痛が解消できます。

 


今ならお試しキャンペーン体験トライアルコース実施中!

キャンペーンのご案内

1日1名様限定 お1人様1回限りでお試しキャンペーンをご利用頂けます。

お試しキャンペーン

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

パーフェクトボディは「完全予約制」となっておりますので、事前のご予約をお願い致します。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

名古屋市南区「パーフェクトボディ」へのお電話はこちら

住所 〒457-0862 名古屋市南区内田橋1丁目3-4 (スギ薬局内田橋店の目の前です)
電話番号 090-4229-5922 (完全予約制)
営業時間 9:00~23:00 (日曜日は17時まで)
定休日 不定休
最寄駅 地下鉄名城線「伝馬町駅」徒歩8分
名鉄常滑線「豊田本町駅」徒歩8分
駐車場 お客様専用駐車場3台有り

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY
カテゴリーCATEGORY




MENU

MAIL

TEL
HOME